FC2ブログ

F1についてのニュースやレース結果などを紹介していきます☆F1選手の紹介もしていきたいと思っています!!

F1 ニュース 通信 検索

F1 ニュース 通信 カテゴリー

フェラーリ 用品

F1 DVD

プロダクトクラウド ウィジェット

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

F1 ヘルメット バイザー 安全性 向上の動き 

過去8年間でヘルメットの安全性は格段に向上しましたが、元F1ドライバーのルチアーノ・

ブルティによると、さらなる安全性の確立を求めて今以上の努力が払われることになりそうだ。

現在34歳のブルティはプロストから出走していた2001年にスパ・フランコルシャン(ベルギーGP)

でタイヤバリアに突っ込む大事故に遭い、九死に一生を得ました。

ブルティはウェブサイトで自身がクラッシュ時にかぶっていたヘルメットの破損した画像を公開した。

ヘルメット前面からの写真では、あごの部分が大きくえぐれているのが見て取れる。

「ハンガロリンクでのマッサ(フェリペ・マッサ/フェラーリ)の事故の後、2001年のベルギー以降の

ヘルメットの進化を実感したよ」と、ブルティは2週間前の予選セッション中にパーツが同郷のマッサ

のヘルメットを直撃し負傷した事故に触れている。

ブルティはそのときブダペストを訪れており、マッサを最初に見舞ったうちのひとりだったと伝えられている。

「自分のヘルメットの写真を見ると、もしこれが今のようにカーボンファイバー製だったならと思うね。

もしそうだったらダメージはもっと少なかっただろう」

「FIA(国際自動車連盟)とヘルメットのメーカーがドライバーの安全性にどれほど貢献している

かがよくわかる」

マッサのシューベルト製ヘルメットのバイザーは防弾仕様だが、ブルティはバイザーの安全性を

もっと向上させるべきだと話している。

「タイヤバリアに正面から突っ込んだ僕のヘルメットを見ても、4個所をねじ留めしてあるバイザー

は外れていないんだ。軽量化のために2箇所しかねじ止めしていないヘルメットとは違うのさ」

スチール製のサスペンションスプリングが直撃したマッサのバイザーは外れかけており、

(マッサが)あれ以上のけがを負わなかったのは幸運だったとブルティは語った。


スポンサーサイト
2009/08/10 16:29|F1 関連情報TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://f1like.blog111.fc2.com/tb.php/663-422f8f88

新型インフルエンザ対策用マスク

【新型インフルエンザ対策】3層マスク TDK-N95 50枚セット

F1 ニュース 通信 最近の記事

F1 ニュース 通信 リンク

このブログをリンクに追加する

MicroAd

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ショッピング ランキング

Copyright(C) 2006 F1 ニュース 通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。