F1についてのニュースやレース結果などを紹介していきます☆F1選手の紹介もしていきたいと思っています!!

F1 ニュース 通信 検索

F1 ニュース 通信 カテゴリー

フェラーリ 用品

F1 DVD

プロダクトクラウド ウィジェット

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

鈴鹿サーキット 2010年 F1 日本GP 開催 決定 

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは、F1グランプリレースの開催権を

統括するFOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション 代表:バーニー・エクレストン)と、

2010年の鈴鹿サーキットにおけるF1日本GP開催について契約を締結したことを発表した。

当初、2009年以降のF1日本GPは鈴鹿サーキットと富士スピードウェイで交互に開催し、

2010年は富士スピードウェイで行なわれる予定だったが、今年7月に富士スピードウェイが

2010年以降のF1開催中止を発表。

これにより、2010年の日本GP開催地が宙に浮いた状態となっていた。

しかし、今回の鈴鹿サーキットとFOAの契約締結により、今年10月に3年ぶりにF1日本GPを

開催する鈴鹿サーキットでは、2011年まで3年連続でF1が開催されることとなった。

なお、今年のF1日本GPは、2009年10月2日(金)~4日(日)に開催される。


スポンサーサイト
2009/08/23 21:11|F1 関連情報TB:0CM:0

ビルヌーブ 離婚 F1 復帰 意欲 

1997年の世界チャンピオン、ジャック・ビルヌーブが、結婚生活に終止符を打ったことを公表した。

38歳でフランス系カナダ人であるビルヌーブは、2006年にジョアンナさんと結婚し、2人の子ども

をもうけました。

「離婚して1カ月になる。別居ではなく離婚したのさ。正確に言っておきたいからね」と

ビルヌーブは語りました。

ビルヌーブは、故郷のモントリオールが来年F1カレンダーに復帰する公算が高いと聞いて

うれしいし、最近はF1復帰の機会を探っていると語った。

「来季は自分がF1マシンに乗っているところを見たい。そのことに自分のエネルギーの

すべてを注ぐつもりだ」とビルヌーブは認めました。

「それは自分が考えているよりも難しいことだが、モントリオールでグランプリに復帰する

ためのマシンを手に入れる自信がある」とビルヌーブは語った。


2009/08/17 16:55|F1 関連情報TB:0CM:0

2010年 F1 日本GP 開催 無し??? 

日本自動車連盟は、2010年のFIA国際モータースポーツカレンダー申請一覧を発表しました。

これはJAFからFIAに国際イベントとして開催するものの申請一覧だが、例年記載されていた

F1日本グランプリの記載がこの中に入っていない。

このカレンダー一覧はサーキットなどから申請されるもので、スーパーGT、フォーミュラ・ニッポン

をはじめ、国際格式で開催される予定のレースの一覧です。

例年このカレンダー内には、ほぼ確定した日程でF1日本GPの日程、開催場所が記載されて

いるが、発表された申請一覧のカレンダー内のどこにも記載がない。

このカレンダーのまま来季日程が確定するわけではなく、イベントの追加や日程の変更などが

例年あるが、F1日本グランプリの開催がどうなるのか、今後の展開が気になるところだ。

本来、2010年は富士スピードウェイで日本グランプリが開催される予定であったが、昨今の

経済情勢の悪化から富士スピードウェイは7月、2010年の開催を断念。

その時点で鈴鹿サーキットは、2010年の開催について「さまざまな検討を行っている」としていた。


2009/08/11 12:22|F1 関連情報TB:0CM:0

F1 ヘルメット バイザー 安全性 向上の動き 

過去8年間でヘルメットの安全性は格段に向上しましたが、元F1ドライバーのルチアーノ・

ブルティによると、さらなる安全性の確立を求めて今以上の努力が払われることになりそうだ。

現在34歳のブルティはプロストから出走していた2001年にスパ・フランコルシャン(ベルギーGP)

でタイヤバリアに突っ込む大事故に遭い、九死に一生を得ました。

ブルティはウェブサイトで自身がクラッシュ時にかぶっていたヘルメットの破損した画像を公開した。

ヘルメット前面からの写真では、あごの部分が大きくえぐれているのが見て取れる。

「ハンガロリンクでのマッサ(フェリペ・マッサ/フェラーリ)の事故の後、2001年のベルギー以降の

ヘルメットの進化を実感したよ」と、ブルティは2週間前の予選セッション中にパーツが同郷のマッサ

のヘルメットを直撃し負傷した事故に触れている。

ブルティはそのときブダペストを訪れており、マッサを最初に見舞ったうちのひとりだったと伝えられている。

「自分のヘルメットの写真を見ると、もしこれが今のようにカーボンファイバー製だったならと思うね。

もしそうだったらダメージはもっと少なかっただろう」

「FIA(国際自動車連盟)とヘルメットのメーカーがドライバーの安全性にどれほど貢献している

かがよくわかる」

マッサのシューベルト製ヘルメットのバイザーは防弾仕様だが、ブルティはバイザーの安全性を

もっと向上させるべきだと話している。

「タイヤバリアに正面から突っ込んだ僕のヘルメットを見ても、4個所をねじ留めしてあるバイザー

は外れていないんだ。軽量化のために2箇所しかねじ止めしていないヘルメットとは違うのさ」

スチール製のサスペンションスプリングが直撃したマッサのバイザーは外れかけており、

(マッサが)あれ以上のけがを負わなかったのは幸運だったとブルティは語った。


2009/08/10 16:29|F1 関連情報TB:0CM:0

F1ドライバー流 夏休み 過ごし方 

第10戦ハンガリーGPを終え、次戦ヨーロッパGPまでの約1ヶ月間、F1は夏休みに入る。

夏休みの過ごし方について語るドライバーのコメントが掲載されました。

ドライバーズランキングでトップに立つブラウンGPのジェンソン・バトンは、「ロンドンでの

トライアスロンを終えたら、南フランスでゆっくりする。それからヨーロッパGPに向けてギアを

入れ直すつもりだ」と話していた。

(ロンドン・トライアスロンの結果は2時間7分の自己ベストで完走)

フェラーリのキミ・ライコネンもF1以外のレースを予定していただけに、「フィンランド・ラリーの

あとは友達と遊ぶ。多分、フィンランドでちょっとバイクに乗って、それからビーチに出かける。

今のところはまあそんな感じかな」とWRC(世界ラリー選手権)ラリー出場の話を真っ先に

あげていた。

(フィンランド・ラリーの結果は2日目最終ステージのクラッシュでリタイア)

レッドブルのセバスチャン・ベッテルは、「今のところこれといった予定はないよ。僕はどちらか

というと自然に任せるタイプで、1月のうちに休みの予約を取ったりはしないんだ。僕は山が好き

だし、スイスに住んでいるから、山登りをしている僕が見られるかもしれないね。1週間くらいかな。

あと、もちろん故郷のヘッペンハイムで休みを過ごすつもりだよ」とはっきりとは決めていない様子。

マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンも、「ボーダフォンのプロモーションで、ニューデリーに

行く予定になっている。あっちの方には行ったことがあるから、1週間ビーチで静養するかもしれない。

でも正直なところ、今はまだ決まったプランがあるわけじゃないんだ」と具体的な計画は未定として

いる。

一方、チームメイトのヘイッキ・コバライネンは、「ファクトリーに戻ってフィードバックを受けたら、

2週間は夕日の下へ行くんだ。どこかって? それは秘密」とあえて休暇先を明かしていない。

BMWザウバーのロバート・クビサは、「夏休みの間は家にいる。少し羽を伸ばそうと思う。カートに

行って、少しトレーニングをする。それで全部。まあそんなに派手ってわけじゃないよね」と堅実な

日々を過ごすとのこと。

チームメイトのニック・ハイドフェルドは、「これぞ家族での夏休み、という休暇を楽しみにしているんだ。

(妻の)パトリツィアと子どもたちと、ギリシャのある島に行く予定。シーッ、どの島に行くかは秘密!

僕らは砂で城を作ったり、ビーチでピクニックをしたり、親が子どもたちと一緒にしそうなことはすべて

やるつもりだよ」と家族サービスに努める意欲満々だった。


2009/08/08 00:00|F1 関連情報TB:0CM:0

今後 F1 KERS 運命 

FOTAは2010年にKERS(運動エネルギー回生システム)を使用せずにレースすることに

同意したが、このシステムの躍進的な成功によりその態度に変化が生まれるかもしれない、

とメルセデスの競技責任者は考えている。

「ブーストボタン」として使うこのシステムは、F1にとって高価な大失敗だったとされ、

BMWザウバーとルノーはすでにこのシステムの使用を中止している。

トヨタ、ウィリアムズ、ブラウンGP、フォース・インディア、レッドブル、トロ・ロッソはKERSの

システムを搭載することすらしなかった。

しかし、先週末ハンガロリンクではKERSを搭載した2チームであるマクラーレンとフェラーリが

1位と2位に入り、KERS導入以来最高の結果がでた。

早々に見限られたKERSだったが、今は話が違ってきている。

2010年のKERS禁止をFOTAが撤回することはないだろうと認めながらも、今季の残りのレースで

他のチームがこのシステムを使用する可能性もあると話している。

例えば次戦バレンシア(ヨーロッパGP)は、ハンガリーのようにKERS搭載チームが有利になる

サーキットだと思われている。

さらに、FOTAを除名されたウィリアムズとフォース・インディアの両チーム、また2010年より

新規参戦する3チームがKERS禁止を支持するかどうかも定かではない。

FOTAのメンバーではないので、決定に従わなくてはならないという法はないと話すのは

フライホイール式のKERSを独自に開発しているウィリアムズのスポークスマンだ。

メルセデスなどのFOTA系チームの中にも、KERS復活を目指す動きはあるとこのスポークスマンは加えた。


2009/08/01 00:00|F1 関連情報TB:0CM:0

トヨタ メルセデス F1 撤退 否定 

トヨタとメルセデスは、BMWに続いてF1から撤退するのではないかとの憶測を否定した。

コストも削減され、F1への参戦は継続されます!とトヨタのスポークスウーマンが語っている。

しかし、他の自動車メーカーが、BMWやホンダと同様に撤退を決断すると示唆されている。

それはルノーだ。ルノーは今のところ、何のコメントも出していない。

メルセデス・ベンツのスポークスマンは、次のように語っている。

BMWのF1撤退は残念だ。だがこの決定は、われわれのF1への取り組みに何の影響も与えない!

先週末のハンガリーGP後には、新コンコルド協定の批准も間近だと言われていた。

しかし、この協定が効力を発すると、署名者は最低でも2012年までF1に参戦することになると

見られている。


2009/07/31 21:00|F1 関連情報TB:0CM:0

ディフューザー ダブルディフューザー 開発 急ぐ 各チーム 

モナコでレッドブルに搭載される予定の「ダブルディフューザー」は、最終版ではない。

こう明かしているのは、同チームのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーだ。

レッドブル・テクノロジーのエイドリアン・ニューイは、今シーズン2度目の連戦となった

先週末、グランプリの現場にいなかった。

ニューイは、最近になって合法であることが確認された空力処理をRB5に搭載するため、

RB5のユニークなリア部分の改修に取り組んでいるのだ。

しかしモンテカルロで投入されるのはレッドブル版ディフューザーの「第一段階」に

過ぎないとホーナーが語っている。

最近に「ダブルディフューザー」の違法性を控訴裁判所に訴えていた数チームも、

レッドブルと同じような状況にある。

フェラーリの暫定版ダブルディフューザーは、次戦のスペインGPに登場する予定だ。

車・バイク好きの方必見!『スナップオン・オリジナルグッズ』




2009/05/02 12:00|F1 関連情報TB:0CM:0

2010 F1 コスト削減 

FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会合の後、FIAは、2010年F1に

おけるコスト削減の一環として、レース中の給油を取りやめることを発表した。

給油用機材の輸送コストを削減し、エンジンビルダーに燃費向上への取り組みを

促すため、来季ピットストップ時の給油をなくすことが決定された。
 
さらに、タイヤブランケットおよびその他のタイヤを温めるためのデバイスも来季は

禁止される。

コスト削減が進み、楽しいF1になるのか楽しくないF1になるのか

今後の動向が気になります。

個人的な華やかなF1だからこそ、我々は魅了されるのではないかと

思っています。
2009/05/01 22:34|F1 関連情報TB:0CM:0

来季 イギリスGP 開催 暗雲 

ドニントンパークの管理者ドニントン・ベンチャーズ・レジャーLtdに対て、

サーキット所有者が賃借料未払いにより訴訟を起こしたことが明らか

になり、来年のイギリスGP開催を危ぶむ声が高まっています。

来年から10年にわたるイギリスGP開催契約を結んだドニントンパークだが、

F1開催に伴う再開発プロジェクトのための資金が用意されているのかどうか

疑問視されており、1億ポントと言われる予算がどこから調達されるのか

はっきりしていない。

さらに時間的にも余裕がなく、工事が間に合うのかどうかも懸念されている。

サーキット所有者の代理人ブラウン・ジャコブソンLLPは、ダービー州裁判所に

訴訟を起こし、以下のような声明を発表した。

「ドニントンパーク・モーターレーシングサーキットの所有者、ウィートクロフト&

サン・リミテッドは、賃借料未払いによる247万ポンドおよびサーキットリースの

取り消しを求め、同サーキットの運営者、ドニントン・ベンチャーズ・レジャーLtd

に対する訴訟手続きを開始した」

2007年、ウィートクロフト&サン・リミテッドは、ドニントン・ベンチャーズ・レジャーLtd

と150年にわたるリース契約を結んだ。

ケビン・ウィートクロフトは、過去7カ月にわたり寛大な対応をしてきたにもかかわらず、

DVLLからは定められた支払いが行われなかったため、やむなく訴訟に至ったとコメント

している。

DVLLのスポークスパーソン、レベッカ・ブロックルズビーは、訴訟の件は代理人の

プレスリリースによって知ったと語り、ドニントンパークのボス、サイモン・ジレットは

イギリスGPの将来について話し合うためロンドンの議会に出席する予定であり、

まだ連絡が取れていないとコメントしている。

カーコンビニ倶楽部の【無料見積はこちら】




2009/04/24 20:00|F1 関連情報TB:0CM:0

新型インフルエンザ対策用マスク

【新型インフルエンザ対策】3層マスク TDK-N95 50枚セット

F1 ニュース 通信 最近の記事

F1 ニュース 通信 リンク

このブログをリンクに追加する

MicroAd

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ショッピング ランキング

Copyright(C) 2006 F1 ニュース 通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。