F1についてのニュースやレース結果などを紹介していきます☆F1選手の紹介もしていきたいと思っています!!

F1 ニュース 通信 検索

F1 ニュース 通信 カテゴリー

フェラーリ 用品

F1 DVD

プロダクトクラウド ウィジェット

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

中嶋一貴 F1 来季 ウィリアムズ 残留微妙 

中嶋一貴の所属するウィリアムズが、05年に所属したニック・ハイドフェルト、

BMWを来季の加入候補に挙げていることがわかった。

ウィリアムズはエースのロズベルク(ドイツ)がブラウンGPなどに移籍する可能性が高く、

今季、まだ入賞のない一貴の残留は微妙となった。

控え選手のヒュルケンベルク(ドイツ)はF1直下のGP2で王者になり、来季の正ドライバー

昇格が濃厚。

チーム首脳は「新人起用はリスクがあり、ベテランの存在は重要」として、ハイドフェルトや、

ブラウンGPのバリチェロ(ブラジル)らを候補に挙げている。

一貴にとって、自身のキャリアをかけた母国GPが、幕を開ける。


スポンサーサイト
2009/10/01 12:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 2010年 KERS搭載 可能性 

ウィリアムズは、FOTAが禁止したKERS(運動エネルギー回生システム)を搭載して

来年のレースを戦う可能性を否定しませんでした。

自動車メーカーが主導し、フェラーリ、マクラーレン、ルノー、トヨタ、ブラウンGP、レッドブル、

トロ・ロッソが所属するFOTAは、2010年のクルマにKERSを搭載しないことで合意している。

しかし、この紳士協定とは別に存在している実際の技術関連ルールでは、来年もKERSの

使用が認められている状態です。

ウィリアムズはこれまで、KERSを搭載してレースを走ったことはないが、独特な

フライホイール式システムの開発を着実に進めている。

ウィリアムズはFIA(国際自動車連盟)との対立の中で、2010年の選手権に無条件のエントリー

を行ったためFOTAから追放されている。

そのため、FOTAの合意には従う必要がないとスポークスマンは語っている。


2009/08/02 17:46|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 中嶋一貴 F1 第4戦 バーレーンGP 

ウィリアムズの中嶋一貴はチームのプレスリリースを通じ、週末に控えたF1第4戦

バーレーンGPに向け、今季はもっとポジティブな気持ちでレースに臨めると語って

います。

中嶋は自身2度目となるバーレーンGPについて、14位完走という昨年の結果を

振り返りながら、昨シーズンのバーレーンGPではいい週末を過ごせず、あのサーキット

に慣れるのは難しいと感じた。でも今季はもっとポジティブな気持ちでレースに臨めるし、

今度は違う結果になればいいと思うと前向きにコメントしています。

舞台となるバーレーン・インターナショナル・サーキットについては、「ストップ・アンド・ゴー

のコースでうまくやるには、ストレートラインでのスピードや、優れたブレーキングと

トラクションが要求される。9コーナーと10コーナーはちょっとトリッキーで、本当にうまく

ブレーキを使っていかなくてはならない。横Gが相当あるからと攻略法を話している。

昨シーズンのバーレーンGPは8位入賞で、ポイントを獲得しているニコ・ロズベルグは、

「バーレーンは気に入っているサーキットの1つだ。昨シーズンはバーレーンでマシンも

好調だったし、タイヤのウォームアップに関して、何も問題はないだろうね。あのサーキット

ではコーナーに入るときのダウンフォースのレベルがいつも本当に重要だけど、高速ストレート

でほかのマシンと戦うには妥協も求められる。今度こそいい結果を出せると自信を持って

バーレーンに臨むよ」と意欲を見せている。

また、N.ロズベルグのバーレーンそのものへの印象は、「最高におもしろい場所というわけ

じゃないかもしれないけど、僕はいつもいい経験をしているよ。最初にバーレーンでレースに

臨んだのは、2004年でF3だった。そのあと、2005年にGP2チャンピオンシップで優勝したんだ。

(2006年の)ウィリアムズでの初めてのレースでは12番手でスタートして、1コーナーでノーズ

を失ってしまった。でもピットインして新しいノーズを付けてからはいいドライブができ、最後は

7位に順位を上げて2ポイントを手にしたんだ。ファステストラップも記録したよ。バーレーンでは

いつもいいレースができているから、向こうに行くのが本当に楽しいんだ」というもの。

一方の中嶋は、「バーレーンは訪れるのに特におもしろいという場所ではないね!

やることも見るものもそれほど多くないから、大部分をホテルで過ごすことになると思うよ!」と

素直な感想をもらしていた。

輸入車無料査定




2009/04/24 22:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 中嶋一貴 未解決の作業 

ウィリアムズの中嶋一貴は、「あと1回のテストで未解決の作業をすべてやる」と

開幕前最後のヘレステストに向けて抱負を語った。

バルセロナでは4日間のテストのうち、前半2日間を担当した中嶋。

2日目の10日には、11台中2番手の好タイムをマークし、「チームにとってまたいい

テストになった。大きな問題も発生せず、マシンは週を通してとても安定していた。

レースシミュレーションを終えたし、予選走行もやったし、とてもよかったよ。

来週あと1回残っているヘレスでの開幕前テストの間に、やる必要がある未解決の

作業をすべてやることになる。

それから、実際に始まるシーズンに期待するんだ」と手ごたえを語りつつ、最後の

ヘレステスト、そして開幕に向けて意気込みを表していた。

後半2日間を走行したチームメイトのニコ・ロズベルグは「僕たちは今週たくさんの周回を

走ったし、明らかにいい進歩を遂げている。僕たちの予定では、主にメカニカルと空力の

テストに焦点を置いていた。それについては学ぶことがたくさんあったよ。

今年は新しいコンセプトやデザインがたくさんあるからね。タイムはかなり接近している

から、誰がどこにいるのかという判断は難しい。

でも僕たちには来週もう1回テストがあるし、それがアドバンテージになるだろうね」と

前向きに語っている。

ウィリアムズのテクニカル・ディレクター、サム・マイケル氏は「(12日の)午前中、霧に

よる開始延期があった後、バルセロナの最終日はスリックタイヤに関するセットアップの

最適化に主に取り組み、また有意義なセッションを終えた。スリックタイヤは今年の

チャンピオンシップのカギになるかもしれないものだ。

4日間を通して我々は前進したし、今は来週のヘレスでの最後のテストに期待している。

そこでメルボルンに向けたいくつかのパーツをさらに見極めるつもりだ。

今のところラップタイムは接近していて、順位を予測するのは難しくなっている…

このスポーツにとってはすばらしいことだね」と語った。

開幕前最後の合同テストとなるヘレステストは15日から19日まで5日間行なわれ、

マクラーレン・メルセデス、ルノー、ウィリアムズ、ブラウンGPの4チームが参加予定。

ウィリアムズからは初日はテストドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ、続く2日間は

N.ロズベルグ、最後の2日間は中嶋が走行することになっている。

こだわりのカー用品専門店 GT-C Premium




2009/03/17 12:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 中嶋一貴 スペイン・ヘレス 合同テスト タイヤ 

ウィリアムズは、スペイン・ヘレスでの5日間の合同テストを終えて、最終日に

来季用のタイヤをテストした中嶋一貴は「2010年のタイヤは興味深かった」と

語っています。

ヘレステストには4日と5日の2日間参加した中嶋。

2日間とも悪天候のため満足な走行はできなかったが、合計約606kmを走り込んだ。

また最終日には、トヨタのヤルノ・トゥルーリらとともにタイヤウォーマーの使用が禁止

される来季を見据えたブリヂストンの2010年仕様タイヤのテストも行なっています。

中嶋はヘレスでの2日間は、悪天候の影響をかなりひどく受けてしまった。

2010年のタイヤをテストし、興味深かったようです。

タイヤウォーマーなしのタイヤで走るとどのようになるかアイデアが得られたようです。

一方、前半の3日間を担当し、合計1,371kmを走行したチームメイトのニコ・ロズベルグは

主にマシンのメカニカルセットアップと空力パーツのテストをし、満足そうに語っている。

ウィリアムズは9日からスペイン・バルセロナで始まる4日間の合同テストにも参加し、

前半2日間は中嶋が走行する予定となっている。
2009/03/10 00:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 中嶋一貴 

ウィリアムズの中嶋一貴は、堅実ではあったものの上位進出は叶わなかった

フル参戦1年目を経て、去年よりいい結果が出せる自信があると語りました。

チームのファクトリーで、報道陣のインタビューに応じた中嶋は、新たなシーズン

の開幕を前に「とっても重要な年だ」とチームメイトのニコ・ロズベルグと同様に

コメントしています。

さらに、「今の時点でマシンについて話すのは早すぎるから、とにかく自分自身と

自分のパフォーマンスに集中する必要がある。すべての面において、本当にいい

パフォーマンスを見せないといけないんだ。プレッシャーは増えるだろうけど、フル

シーズンを戦った経験もできたことだし、去年よりいい結果が出せる自信があるよ。

もっと堅実にいくし、マシンの理解も深まっている。ほとんどのコースは僕にとって

2回目になるし、それがさらにいいよね」と前向きに話しました。

中嶋は元F1ドライバー中嶋悟氏の息子であり、ウィリアムズにエンジンを供給する

トヨタの支援を受けている。

初のフル参戦となった昨シーズン、N.ロズベルグが17ポイント獲得した一方、中嶋

の獲得ポイントは9でした。

昨年4月にSUPER AGURI F1チームがF1を撤退して以来、佐藤琢磨はレギュラー

ドライバーの座を確保できておらず、さらに本田技研もまたF1撤退を決め日本に

動揺が走っている現在、中嶋はF1における唯一の日本人ドライバーとなる。

中嶋は、世界的な経済危機の影響で本田技研がF1を去ることについて、「日本の

F1ファンにとってすごく残念だし、誰もがHondaがいなくて寂しいと思うよ。これまで

に本当に偉大な業績を築いてきたからね。でもこの状況だと避けられない決断

だったと思う。多分、いつか戻ってくるよ。ひょっとしたらね」と話しました。

また、2002年の参戦以来およそ10億ドル(約978億円)を費やしながら、いまだ1勝

もできていないトヨタについては「トヨタはすごく強い目標を持っていると思う。彼らは

F1では新しい存在だ…… だから何かを成し遂げる前にF1を去らないで欲しい。

それがファンとしての僕の意見。ただ、現状だとかなりギリギリだと思う。

何が起きるか誰にもわからないよ」と、本田技研に続かないように願っている。
2009/02/27 18:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 開幕戦 KERS 使用しない 

ウィリアムズが今年からF1に導入されるKERS(運動エネルギー回生システム)を

開幕戦オーストラリアGPでは使用しないことを明らかにしました。

ウィリアムズは、オーストラリアでKERSを使用しない予定であることは明らかであり

いつKERSを使うかについてははっきりしていないようです。

KERSとは、従来は廃棄するしかなかったマシンのブレーキングの際に生じる

エネルギーを回収再生して、ドライバーがボタンを押せば即座に通常以上の

爆発的パワーを与えるというものです。

ほとんどのチームが開幕戦オーストラリアGP(3月29日決勝)にKERSを持ち込むか

どうかについての判断は、来月行なわれるシーズン前の最終テスト終了まで待つ

予定としています。

ドイツ人のニコ・ロズベルグと日本人の中嶋一貴をドライバーとして擁する

ウィリアムズは、第2戦マレーシアGPでもKERSを使わない可能性があります。

マレーシアGPはオーストラリアGP直後の翌週末に続いて開催されるためです。

元チャンピオンチームのウィリアムズは独自のフライホイールシステムのKERSを

開発していて、F1のみならず、他分野にも応用させるための技術開発会社を立ち

上げています。

今シーズン、F1の規定は大幅に変更されました。

空力は根本から見直されて、またグルーブドタイヤ(溝付きタイヤ)からスリックタイヤ

(溝なしタイヤ)へと変更されます。

ウィリアムズは、最高のパフォーマンスを引き出す可能性は現在のところ、重量配分

とバランス、それにスリックタイヤを最大限に活用するためのセットアップにあり、当面

の焦点をそこに置いているようです。

KERSを導入するのは、パフォーマンスを向上させることのできるシステムを手にした

ときだと見通しを語っています。
2009/02/20 00:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウィリアムズ 撤退の可能性もあった 

最新のコスト削減がなかった場合…

F1はタイトル獲得経験もあるウィリアムズを失っていた可能性がある。

グローブに拠点を置をおくウィリアムズは、コンストラクターズ選手権を

9回、ドライバーズ選手権を7回獲得している。

そんなウィリアムズのCEOであるアダム・パーは、チームが資金を

借り入れる能力が限界に達していたと語りました。

また、F1の最高権威であるバーニー・エクレストンは、独立系チームに

1500万ユーロ(約17億円)以上を融資したことを明らかにしました。

2004年から2007年までさかのぼる商業収入の増加も含まれるこの

ボーナスは、新しいコンコルド協定に署名することを希望するチーム

が利用可能なようです。

チームの創設者であり共同オーナーでもあるサー・フランク・ウィリアムズ

代表は、チームが「経済的なプレッシャー」にさらされているため、世界的

な経済危機へのF1の対応が致命的になると認めています。

イギリスチームであるウィリアムズは2006年以来、自動車メーカーの支援

を受けていない。

また先週にポルトガルで発表された新車のFW31には、有名スポンサーが

数社しかない。

またウィリアムズは、困難な状況にあるアイスランドの投資会社、

『バウガー』がスポンサーから離脱することもほぼ認めました。
2009/01/26 16:41|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ウイリアムズ ニコ・ロズベルグ 残留 F1 2009 

ニコ・ロズベルグは、ウイリアムズ残留を決めたことで彼のF1での「市場価値」が

低下するリスクを抱えており、2009年もチームが下位に低迷すれば、彼のキャリア

も失速するおそれがあると感じているようです。

メルボルンでの開幕戦でのポディウムフィニッシュは、悲しいかな特異な例に

すぎなかったことが明らかになり、それ以後、ウイリアムズは全く鳴かず飛ばずの

状態が続いてきました。

幸運にも恵まれたシンガポールでの2位を別とすると、第2戦以降の彼のベストリザルト

は3回の8位入賞だけで、ドライバーズ選手権でも13位に沈んでいます。

予選ではしばしば上位陣を食い、ここまでに7戦でトップ10に入っているロズベルグだが

決勝ではなかなか結果に恵まれていません。

過去の好成績はすぐに忘れられてしまうこの世界で、さらにもう1年同じような状況に

耐えてはいられないと、元GP2チャンピオンは強く感じているようです。

ウイリアムズの2008年シーズンは、開発のペースがライバルチームと比べて遅かった

ことを低迷の原因として挙げている。

それは過去何年間かにわたって、多くのドライバーに指摘されてきた近年のウイリアムズ

の弱点だが、限られたリソースでチームを運営している限りは修正が難しい問題点でもある。
2008/10/22 18:30|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ キャリア 危機 認める 

ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)は、厳しいシーズンが続いた場合、自身の

F1キャリアが「危機」に直面することを認めました。

上海では予選Q2突破にも失敗したドイツ出身のロズベルグは、来年も

オックスフォードシャーに拠点を置くウィリアムズに残留することとなって

います。

しかし、気まぐれなF1の世界では、印象的な記憶が長く続かないことを

認めています。

ジェンソン・バトン(HONDA)がいい例だ。

彼は、今でも本当にいいドライバーなんだけど…

でも彼の市場価値は、彼が選手権でフェラーリに次ぐ3位になった2004年以来、

大幅に下がっている。

またロズベルグは、自身の2008年シーズンに「大きく失望」していることも認めた。
2008/10/20 22:00|f1 ウィリアムズTB:0CM:0

新型インフルエンザ対策用マスク

【新型インフルエンザ対策】3層マスク TDK-N95 50枚セット

F1 ニュース 通信 最近の記事

F1 ニュース 通信 リンク

このブログをリンクに追加する

MicroAd

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ショッピング ランキング

Copyright(C) 2006 F1 ニュース 通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。