F1についてのニュースやレース結果などを紹介していきます☆F1選手の紹介もしていきたいと思っています!!

F1 ニュース 通信 検索

F1 ニュース 通信 カテゴリー

フェラーリ 用品

F1 DVD

プロダクトクラウド ウィジェット

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

2009年 F1 最終戦 アブダビGP 決勝レース結果 

2009年F1最終戦のアブダビGPが、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで決勝日を迎えた。

レッドブルのセバスチャン・ベッテルが優勝、チームメイトのマーク・ウェーバーも2位に入り、

レッドブルが今季4度目のワン・ツーフィニッシュでシーズンを締めくくった。

そしてトヨタでティモ・グロックの代役を務める小林可夢偉が、6位で見事初ポイントを獲得した。

2009年の最終戦は、来季フェラーリ入りするルノーのフェルナンド・アロンソ、今季限りでフェラーリを

離れ、来季は未定となっているキミ・ライコネン、ルノーへの移籍が決まっているBMWザウバーの

ロバート・クビサらを筆頭に、多くのドライバーにとっては現在のチームで過ごす最後のグランプリ。

そしてBMWのF1撤退が決定しているBMWザウバーは現チーム体制としては最後の一戦で、

来シーズンは導入が見送られるKERS(運動エネルギー回生システム)、給油もひとまずこれで

見納めとなる。

M.ウェーバーが2位で、今季のドライバーズタイトルを獲得しているブラウンGPのジェンソン・バトンは、

レース終盤にM.ウェーバーとの接戦を演じながら3位表彰台に上り、王者の面目を保った。

小林はワンストップ作戦を採ったマシンの中ではトップでチェッカーを受け、F1デビュー2戦目ながら

6位入賞。

2戦目での入賞は中嶋悟、一貴親子に並ぶ日本人最速タイ記録。

チームメイトのヤルノ・トゥルーリも7位に入った。

4位はブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、5位はBMWザウバーのニック・ハイドフェルドで

チーム最終戦を入賞で締めくくった。

6位と7位はトヨタ勢、8位がトーロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ。

マクラーレンのヘイッキ・コバライネン11位、フェラーリのK.ライコネン12位、フェリペ・マッサの代役を

務めたジャンカルロ・フィジケラ16位とマクラーレンとフェラーリはノーポイントに終わり、

コンストラクターズランキング3位はマクラーレンに決まった。

ウィリアムズの中嶋一貴は13位で2009年最後のレースを終えている。


2009年 F1 最終戦 アブダビGP 決勝レース結果

1 セバスチャン・ベッテル RBRルノー
2 マーク・ウェーバー RBRルノー
3 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
4 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
5 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
6 小林可夢偉 トヨタ
7 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
8 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ
9 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ
10 ロバート・クビサ BMWザウバー
11 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
12 キミ・ライコネン フェラーリ
13 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ
14 フェルナンド・アロンソ ルノー
15 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
16 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ
17 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
18 ロマン・グロージャン ルノー


  ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
  ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ


スポンサーサイト
2012/11/13 13:29|F1 レース結果TB:0CM:4

2009年 F1 最終戦 アブダビGP 公式予選 

2009年F1最終戦のアブダビGPは、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで2日目を迎えた。

決勝レースのスターティンググリッドを決める公式予選が行なわれ、昨年王者マクラーレン・メルセデスの

ルイス・ハミルトンが予選全セッションでトップに立ち、アブダビGP初のポールポジションを獲得した。

S.ベッテル2番手、M.ウェーバー3番手とレッドブルが続いた。

チャンピオンチームのブラウンGPは、ルーベンス・バリチェロ4番手、ジェンソン・バトン5番手。

マクラーレンのヘイッキ・コバライネンはQ2でマシントラブルに見舞われ13番手、フェラーリは

キミ・ライッコネン11番手、フェリペ・マッサの代役を務めるジャンカルロ・フィジケラが20番手だった。

トヨタのヤルノ・トゥルーリはQ3に進み6番手、ティモ・グロックに代わり出走している小林可夢偉は

12番手、ウィリアムズの中嶋一貴が14番手でそれぞれQ2落ちを喫している。


2009年 F1 最終戦 アブダビGP 公式予選

1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
2 セバスチャン・ベッテル RBRルノー
3 マーク・ウェーバー RBRルノー
4 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
5 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
6 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
7 ロバート・クビサ BMWザウバー
8 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
9 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ
10 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ
11 キミ・ライコネン フェラーリ
12 小林可夢偉 トヨタ
13 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
14 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ
15 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ
16 フェルナンド・アロンソ ルノー
17 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
18 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
19 ロマン・グロージャン ルノー
20 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ


2009/11/01 15:10|F1 予選結果TB:0CM:0

2009年 F1 第16戦 ブラジルGP レース結果 

2009年F1第16戦のブラジルGPが、ブラジル・サンパウロのアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ

で決勝日を迎えました。

レッドブルのマーク・ウェーバーが優勝。

一方、5位でフィニッシュしたブラウンGPのジェンソン・バトンが自身初のドライバーズタイトル、

ブラウンGPも初のコンストラクターズタイトル獲得を決めた。

BMWザウバーのロバート・クビサが今季初表彰台となる2位、後方17番グリッドから追い上げた

マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが3位に入った。

タイトルのかかるドライバー勢は、ポールから決勝に臨んだブラウンGPのルーベンス・バリチェロは

中盤に失速し、タイヤのパンクなどにも見舞われ8位に終わる。

レッドブルのセバスチャン・ベッテルはピット戦略でJ.バトンの前には出るものの、4位に。

着実なレース運びを見せたJ.バトンが5位でチェッカーを受けた。

この結果、J.バトン『89』、S.ベッテル『74』、R.バリチェッロ『72』でJ.バトンのドライバーズタイトルが確定。

イギリス人のワールドチャンピオンは史上10人目となった。

さらに参戦1年目のブラウンGPが、コンストラクターズタイトルを決めている。

入賞圏内は4位S.ベッテル、5位J.バトン、6位フェラーリのキミ・ライコネン、7位トーロ・ロッソの

セバスチャン・ブエミ、8位R.バリチェロ。

ティモ・グロックの代役としてF1デビュー戦に臨んだトヨタの小林可夢偉は序盤にJ.バトンと抜きつ

抜かれつのバトルを見せつつ、ウィリアムズの中嶋一貴と接触するなど荒々しいレース運びながら、

10位で完走している。

中嶋は日本人同士の接触でリタイア、トヨタのヤルノ・トゥルーリはオープニングラップで

フォース・インディアのエイドリアン・スーティルと接触しやはりリタイアしている。


2009年 F1 第16戦 ブラジルGP レース結果

1 マーク・ウェーバー RBRルノー
2 ロバート・クビサ BMWザウバー
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
4 セバスチャン・ベッテル RBRルノー
5 ジェンソン・バトン ブラウン・メルセデス
6 キミ・ライコネン フェラーリ
7 セバスチャン・ブエミ STRフェラーリ
8 ルーベンス・バリチェロ ブラウン・メルセデス
9 小林可夢偉 トヨタ
10 ジャンカルロ・フィジケラ フェラーリ
11 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
12 ヘイッキ・コバライネン マクラーレン・メルセデス
13 ロマン・グロージャン ルノー
14 ハイメ・アルグエルスアリ STRフェラーリ

  中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ
  ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ
  ニック・ハイドフェルド BMWザウバー
  エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
  ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
  フェルナンド・アロンソ ルノー



2009/10/19 11:23|F1 レース結果TB:0CM:0

新型インフルエンザ対策用マスク

【新型インフルエンザ対策】3層マスク TDK-N95 50枚セット

F1 ニュース 通信 最近の記事

F1 ニュース 通信 リンク

このブログをリンクに追加する

MicroAd

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ショッピング ランキング

Copyright(C) 2006 F1 ニュース 通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。